ホーム > MUSEUM

MUSEUM

z platz philosophy

私たちはスポイルされない

悲観的になる材料にことかかない社会状況の中で、創造し変化し続ける活力細胞としての人間力がある。

過剰な情報の流れの中でたちどまって思考する場所がある。現在を感じるために考える。

何を選択するか考えながら判断する。

私達が選択したidentityは表現の出力機能としての ミュージアム z platz である。

 

私たちは挑戦する。

いま何故、美術館が必要かを仕事の中で表現する。

ここには反応する脳がある。

museum.jpg

MUSEUM

2003.06.07
『The place where imagery meet reality』 - 架空と現実が混ざり合う場所 - 会期 2003.6.7~6.29

≫記事のページへ

2003.11.06
- women’s core playgame - 会期 2003.11.6~12.20

≫記事のページへ

2004.11.05
- 精神の在所 - 静謐なるアーティストの怒りと悲しみ 会期 2004.11.5~12.20

≫記事のページへ